*--ゆずの学校ニュース・お知らせ--*

*--ゆずの学校ニュース・知らせ--*

第4回陶芸体験教室

陶芸体験
古座川町で陶芸をされている、「陶月」の陶芸家の木田さん指導の下で陶芸体験。
後日、焼き上がった作品をお渡しいたします。

開催期日:24年7月1日(日) 12:00〜

※12:00〜「レストランゆずの学校」で昼食
 13:00〜陶芸教室

体験費用:3900円(昼食代含む)
Date: 2012/06/18


第3回陶芸教室
5月20日(日)に、第3回の陶芸体験教室を開催し、那智勝浦町から2名、串本町から2名の方々が参加され、約2時間の陶芸体験を楽しんでいただきました。

陶芸他県は初めてという那智勝浦町の2名の方は、ひも作りから始め、それぞれ2点ずつ器を作っていただきました。

2回目の2名の方は、玉作という作り方や大きな鉢作りに挑戦されました。

あっという間の2時間でしたが、1ヶ月後のできあがりを楽しみにしながら、昼食に平井の郷土料理「うずみ」や「煮なます」を堪能していただき、それぞれ帰路につかれました。
Date: 2012/05/09


林 幸司先生を招き「料理教室」を開催
2月25日・3月16日、古座川ゆず平井の里は体験交流の一環で、新宮市出身で大阪在住のフードコーディネーター林幸司先生を招き「料理教室」を開催致しました。
林幸司先生と古座川ゆず平井の里は、7年前から柚子を通じて交流があり、商品開発にも携わっていただいています。

※詳しくは、下記URLから…
http://www.zb.ztv.ne.jp/yuzusato/recipe/index.html
Date: 2012/03/22


体験交流施設ゆずの学校オープン
平成16年4月に発足した農事組合法人 古座川ゆず平井の里(組合員84名) は、柚子の栽培と加工、販売までを一連して農業者自信が行うことで、事業の効率化と販路拡大を実現して参りました。
結果、すこしづつではございますが、柚子の買い取り価格の安定と地元での若年層の雇用へとつなげてまいりました。
しかし、柚子の加工品は、日本中で製造販売され、今後は、より一層の努力を行わなければならない時代がやって来ました。
そこで、私たちは、お客様とのつながりをより一層大切にし、柚子産業の基盤をより、強固なものにするという意志のもと、旧平井分校の木造校舎を改修をさせていただきました。

このたびオープンいたしました、「体験交流施設ゆずの学校」は、平成21年度から23年度実施の和歌山県 新農林水産業戦略プロジェクト推進事業のメインプロジェクトとして、実施取り組んでおり、ここでは、柚子の加工品の販売購入、「ゆずこんにゃくづくり体験」「ゆずマーマレードづくり体験」などを楽しんでいただくようになっております。又、平井集落でしか伝承されていない精進料理「うずみ」を初め、手作りのごま豆腐や、地元の野菜、など、平井の里にしかないものをご用意させていただいております。
豊かな里山の暮らしをゆっくり楽しんで頂ける空間として、一人でも多くの方にご利用いただければと思っております。
 
Date: 2011/03/22


現行ログ/ [1]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

**HOME**
[TOP]
shiromukuNEWS version 4.00